SM + 虐 待 & 拷 問

SM 調教 動画 無料 紹介サイト

sozai_01.jpg  sozai_01.jpg

忘却の彼方に

 久々の日記更新でお馴染みのRedrumです。という昔やっていたブログの出だし風に始めてみました。
何故、急に誰も知らないブログの出だしをしたかと言うと、昔在籍していた会社が身売りしたそうなんでね、そんな事からちょっと始めてみました。
いや~。ボク今まで在籍した会社って4社もあるんですよ。内3社が今は無いときています。
新卒で入社した出版関係も潰れましたし、その後のネット広告系2社も潰れました。残るは前社のマーケティング系の1社のみですよ。ここが一番ムカつくので潰れて欲しいんですがね。でも最近業績が落ちたとか、悪い噂を聞くんでワクワクしています。でも中々潰れんのだろうな~。

【最近読んだ本の羅列(個人的メモ代わり)】
教団X 中村文則
溺れるナイフ ジョージ朝倉
全国版 あの日のエロ本自販機探訪記 黒沢哲哉
幻夏 太田愛
PC遠隔操作事件  神保哲生
玩具修理者 小林泰三
涙香迷宮 竹本健治

【最近観た映画の羅列(個人的メモ代わり)】
●どですかでん(黒澤明)
黒澤のこういった小作品の凄さ。夢の家を語ることしか出来ない乞食の父に涙を流す。判っているんだよ、でももうこの世界に繋がっている術がないんだよなぁ…。褒められるべき人々ではないけど、生きているということの壮絶な美しさ、黒澤のカラー初作品というのも頷ける。どうしても戦後だとイメージ的に貧困であったりバラックの家といった輪郭ばかりを気にしてしまいがちだが、やはり戦争がどれだけ人々の心に強烈に焼き、生き方自体がどれほど根本的に覆されたのかを考えてしまう。あるいみ「仁義無き戦い」なども思想的には同じラインにあるのではないだろうか。
●夜は短し歩けよ乙女(湯浅政明)
流石、天才湯浅!映像は考えるものではなく、感じて楽しむものという感覚がビンビン伝わってくる。全てを一夜にまとめていて、人って生きているとこんな感じの夜をすごすよね、もしくはこんな一夜のような一年を過ごすよね。見ていて楽しすぎる!
●地獄(中川信夫)
ん~。こういったもので溜飲を下げてたりしてた時代なのかね。1960年代だとすると、海外受けも良かった気がする。ハリウッドの検閲は絶対通らなかっただろうし。そう考えると表現の自由は日本の方が進んでいたと考えられるのかね。
●ニンゲン合格(黒沢清)
何度か観ているが、中々咀嚼出来ない映画。時間かけてもう一度チャレンジだ。
●インデペンデンス・デイ リサージェンス(ローランド・エメリッヒ)
なんだろう、このインフレ感の楽しさは。まさにお家でポテチでも食べながら、半分寝ながら、酒飲みながら観る映画。内容なんかは関係ない。画面になにか映っている感じのみ。
●ムカデ人間3(トム・シックス)
このパターンの続編て、永久機関のように作り続けられるよね、大発明な気がする。映画を見た影響で同じことをしたくなるって素敵。それに今までの出演者総出演だし。もっと続編を。
●インフェルノ(ロン・ハワード)
なんだろう?ラングドンに謎解きさせる為に犯人は仕掛けを作ったの?目的が解らない。大量殺人ウイルスばら蒔きたいなら、さっさと撒けばいいのに…。凄いノイズに感じた。ただ、ラングドンが見る地獄の幻想は良かった。このシリーズ回を追うごとにレベルが下がっている気がする。
●パターソン(ジム・ジャームッシュ)
不穏な空気が永遠と流れているように感じた。日常とは非日常なのかも。奥さんが壊れているような気がして気が気でない。なんだろうポイントで出てくる双子の不安感。兎に角「あは~ん」。
●魁!!男塾(坂口拓)
出演者の身体が細すぎるんだから、漫画と同じ衣装にする必要ないのに。照英だけが、上手くはまってたかな。あとはボロボロ。話も漫画をそのままにするのでなく、どれだけ凄い男達かをコメディ的に描いてから、最後の戦いに向かえばよいのに。今ひとつもふたつも凄さが判らない両者の戦いになってるし。というかアクションが無理なら誤魔化しでもよいから…。山田辰夫とか千葉繁とか勿体無い。
●アウトレイジ 最終章(ビートたけし)
とにかく大友は爆弾すぎるわ。もう少しジョーカー性を減らしたほうが好きだわ。今までのシリーズだと怪我を負うのに今回は無敵過ぎる。それに全ての片を着けずに、あのラストは解釈が難しい。暴力映画の象徴としての死であるような気もするし、もう作らんという意思表示のような気もする。意外と張会長を主人公に続編もいいかも。一番の悪人な気がするわ。全てを判っていて仕向けているような…さすがフィクサー。あと、光り輝く自動車や時計などの小道具は流石に気持ちいい演出。今回雨のシーンが非常に多かったが何を意味してたのか?再度見て考察かなぁ。


<何気に稼げるアダルトアフィリエイト>
アダルト広告はAPEXアフィリエイトシステム

[ 2017/10/15 16:01 ] ヰタ-セクスアリス 銭ゲバ | TB(-) | CM(0)

四十三歳の原点

 引越しも落ち着き、貧乏長屋暮らしをしているわけですが、どうもこの場所は貧乏長屋が多いせいか、政治家が辻説法をやたらとしているんですよね。特に左派系の団体さんなんですが。ボクとしては緩やかな左派(天皇制反対位のレベルで)なので、仕方なしかなとも思うんです。。。だって貧乏長屋住みですよ、そりゃ国家の転覆位狙って一発逆転革命だ~って考えるでしょ。だから左派系が辻説法を垂れるのは当たり前だと思うんですが、その辻説法が煩いですよ。壮絶に絶叫するように、現政権に対する怒りを表明するんですよ。そりゃボクだって、緩い左派ですから言わんとしている事は理解出来ますよ。拍手も送りたいと思いますよ。でもね、何で絶叫するんですかね。怒っているのは判りますよ。ボクだって怒ってますよ。でも絶叫して怒っている人って信用出来ます?聞いている人の大半は煩く感じているだけですよ。中身なんて響いてこないですよ。こういう時こそ、冷静に着実に今の問題点を語ってくださいよ。しょせんは空しい戦いでしかないのだろうか…
 でも、その辻説法の横で近所の潰れそうな万屋の老夫婦が小さく拍手していたのは、良い風景のような気がしたよ。
「良いニュースというのは、多くの場合小さな声で語られるものです。」By村上春樹ですよ。

【最近読んだ本の羅列(個人的メモ代わり)】
君の膵臓をたべたい 住野よる
スパイダーマン 平井和正×池上遼一
1984年のUWF 柳澤健
芸人式新聞の読み方 プチ鹿島

【最近観た映画の羅列(個人的メモ代わり)】
●トリプルX(ロブ・コーエン)
久々にアクション映画。今のアクションの進化はこんな感じなのね。ワンシーンを別カットで連続に写す感じは、MVとかそんな感じ。音楽にのっていい感じ。まさにXスポーツ的。
●ア・ホーマンス(松田優作)
30年ぶりに見返す。昔観たときは、松田優作がサイボーグだという理由が判らなかったが、今観ると全く判らないまま。なんでサイボーグにしたんだろう?原作にもないのに。
●エンジェル・ダスト(石井聡互)
公開1997年を考えると、この後におこる「オウム事件」や「阪神淡路大震災」などに向かっていく不穏な空気を感じさせる。特に「オウム事件」という個人の思考や宗教観を混乱されるような事件を予見していたように感じさせる。公開当時より今観る方が、その予見的な内容・スピード感に時代の大きな変換点を感じさせる。
●燃えつきた地図(勅使河原宏)
勝新はかわいいよね。果たして地図など存在するのだろうか?今居るこの都市など存在しているのだろうか?僕自身だって存在しているのだろうか?この世界は何の集合体なのだろうか…。安部公房恐るべし。
●クローバーフィールドHAKAISHA(マット・リーヴス)
巨大生物に襲われるパニック映画。これをどうやって低予算で成功させるかの教科書のような映画。細かいストーリーへの突っ込みは意味を持たない。巨大生物の全体像を見せずに進めて最後の最後に見せるところなど、中々気持ち良かったかな。


<何気に稼げるアダルトアフィリエイト>
アダルト広告はAPEXアフィリエイトシステム

[ 2017/08/20 21:16 ] ヰタ-セクスアリス | TB(-) | CM(0)

変態ファーストで生きてゆく

 はい!お久しぶりです。Redrumです。
この間まで、寒かったりで体調悪いわぁ~、なんて言っていたら、今や暑さにやられて体調悪いわぁ~ですよ。
相変わらず賠償金を払ってるんで、生活カッツカッツですしね。おかけで生活が立ち行かずに引越しですよ。妻と娘と3人ぼっちで、どうやって生計を立てりゃいいんでしょうね。嫌になっちまいますよ。でも、これを気に賠償金とんずらしようかとマジで考えてます。

そんでもって、都民ファーストとやらが凄いですよね。一応、都民なんで気にはしてましたけど、あの圧倒的な強さは、もう馬鹿かと心の底から叫びたい気分になりますわ。都民って誰のことなんだよ。本当にオレのことかね。自民に入れる馬鹿もいるけどファーストに入れる馬鹿もいる。民主主義は馬鹿で回っていく。なんて素晴らしい世界なんでしゃろう。
都民の公約みたいなのを見ましたが、一般の監視カメラ等も利用して、より安全な街作りするそうですよ。そうなったら、犯罪者予備軍のオレなんか100%監視対象でしょう。まぁ。共謀罪も通るし、意外と国民の支持率が高かったりでさぁ、笑うしかないよね。
きっと皆、管理して貰いたいんだよね。楽だしね。Mの方が快楽受け続けるだけでアホ面でも楽しいのと同じってことかね。日本総M化社会だね、M=白痴理論だね。
気高きS変態どもは、反社会的に性的テロリズムを行うしか道が無いのかもしれんよ。さぁ夏だし街中で露出プレイだ。監視カメラどもよ、オレの醜い裸体を撮影し続けろ!!!

話が全然まとまらん…。オレが白痴でしたという落ち。

そうそう、引越し費用もあるから、当サイトから商品購入してね。よろしくです。


【最近読んだ本の羅列(個人的メモ代わり)】
「社会調査」のウソ リサーチ・リテラシーのすすめ 谷岡一郎
64ロクヨン 横山秀夫
私は真犯人を知っている 未解決事件30 「文藝春秋」編集部編
COPPERS オノ・ナツメ
ブルーホール 星野之宣
ブルー・ワールド 星野之宣

【最近観た映画の羅列(個人的メモ代わり)】
●13人連続 暴 行 魔(若松孝二)
なぜ、暴 行するときにオーバーオールを履いているのだ。そういうところが駄目な人間なんだ。もっと脱ぎやすい服例えばジャージとかにしとけ!そうすれば無駄な殺生はさけられるから!という発想の対極に思想はあるのだろうな。阿部薫のサックスがかっこよすぎるョ。なしくずしの死だね。
●シン・シティ(フランク・ミラー ロバート・ロドリゲス)
だらだらと観る。話が複雑のようであっちこっち飛ぶ。悪くはないが、折角の映像なんだらから映像でぐいぐい持っていってもらいたかった。まぁ、だから複雑でもよいのか。
●ホタルノヒカリ(吉野洋)
宇多丸師匠のラジオ関連で閲覧。確かに酷い映画。でも、師匠この映画は何回も観たり、考えたりする為のものでは無いでしょ。捨てる為の映画。中坊で頭悪い系がデートに使う映画。なんかそっれっぽいのが、画面に流れてれば良いのであって、他はいらないのではないかなぁ。にしても酷いけどね。
●ウオッチメン(ザック・スナイダー)
うぉーーー。アメコミ系苦手だったけど、これ最高ーー!偽りの正義だって平和なら好いのか?ロールシャッハかっこいい!最低な感じに惚れるぜぇ。アラン・ムーアは凄すぎる。
●そこのみにて光輝く(呉美保)
そこ=底。辛いわぁ。皆が皆少しずつ壊れてしまっている。希望なんて本当は無いのかもしれない朝のラストシーンは、泣きそうになる。「大事にしてっからおかしくなんだべ!」は胸に突き刺さる。
●蛇の道(黒沢清)
不思議な恐怖というか、観ていたくない作品。やっぱり黒澤は面白い。
●アイアンマンⅡ(ジョン・ファヴロー)
だらだらと観る。このマーベルのシリーズはどのくらい前後を理解して観ればよいのだろう。なんかTVドラマチックなノリになってきた。
●インサイド・ヘッド(ピート・ドクター)
やべー、舐めてた…。全ての感情の必要性は、全てを認めることなんだね。ひとり消えていくビンボンに泣いてしまった。消えていく思い出が自分を創っていくんだね。
●晴れときどき殺人(井筒和幸)
渡辺典子のかわいらしさを見たくて観た。エンディングのあとのNGシーンが一番かわいい。井筒監督は何か苦手。なんでだろう?
●ロスト・チルドレン(ジャン=ピエール・ジュネ)
ミエットが凄すぎる。かわいいというか、本当のロリーターな感じ。幼い表情と大人の表情。10歳って信じられないわ。レオン以来の萌え状態。フランス女恐るべし。
●鬼龍院花子の生涯(五社英雄)
夏目雅子は鬼龍院花子ではない。これは「アナと雪の女王」と同じ衝撃だ。仙道敦子も凄いのではないだろうか?仙道敦子の再評価を!
●太陽(入江悠)
んー、、ごちゃごちゃしてるのが気になる。演劇的動きというか…。映画と演劇って意外と相性悪い気がしてるんだがどうだろうか?差別の取り上げ方、両方とも良くもあり悪くあるみたいな部分は面白く考えさせられる。でも鉄太郎に身を委ねる門番の根性が凄い気がする。ぜってー鉄太郎の車には乗りたくないわ。


<何気に稼げるアダルトアフィリエイト>
アダルト広告はAPEXアフィリエイトシステム

最近の映画記録

あぁ~ぁ、4月も終わりに近づいてきたよ。今月の頭は気圧の変化で体調悪かったなぁ。まだ気圧の変化がありそうで、怖いわ。夏になれば台風で体調崩すだろうしね。
そんな事気にしていたら、マウスの調子が悪いや。スクロールホイールの調子が悪い。いつだってスクロールホイールの調子が悪くなるんだよね、明らかに手垢やホコリが原因なんだろうけど、掃除のし様もないし。みんなどうしてるんだい。最近は1年ぐらいの使い捨て感覚で安いやつ(1000円ぐらい)を使っているけど、なんか納得がいかないんだよね、方法考えないとなぁ。
今回の日記に中身がないのは、最近観た映画が貯まって来たからなんで。許してね。

【最近読んだ本の羅列(個人的メモ代わり)】
軍鶏 たなか亜希夫
一人交換日記 永田カビ
なのはな 萩尾望都
清原和博への告白 甲子園13本塁打の真実 鈴木忠平

【最近観た映画の羅列(個人的メモ代わり)】
●この世界の片隅で(片渕須直)
情報量が多い!凄い。ここまで計算して物語を創るものなのか…。エンドロープのエピローグ的な物語に救われる。こりゃすごい。戦争=悲惨だけでなく、その瞬間には市井で笑う事も泣くこともある人々がある。これはきっと今を生きている僕らと同じ地平にあるということなんだと思う。それは今戦争をしている場所だって僕らと同じ地平にある。こりゃ本当に凄いわ。あと、主人公が戦闘機が飛び交う空襲を見ながら描きたいと思う感覚は、宮崎駿の「風立ちぬ」の矛盾に葛藤する世界観に通ずると思う。
●弥勒(林海象)
残酷だなぁ。書く事に全てを賭けてしまった人間は、負けると判っていながら自分の全てを賭け続けなくてはならない。どんな悲惨な結果であろうと賭け続ける。
●他人の顔
顔を失うということは、アイデンティティを失うことだし、別を顔を得ることは別のアイデンティティを得てしまうこと。恐ろしい話だ。
●味園ユニバース(山下敦)
なんだろう。最後の10分まだは、凄く良い作品なのに、最後の落ち的な部分が不可解という不思議な映画。主演の渋谷すばるもいいし、名作の香りがしたのに…。それとも最初に渋谷すばるが殴られた時からの夢とかなのかな?
●樹海のふたり(山口秀矢)
インパルスのふたりの演技に斑がある。ふたりだけのシーンは台詞も?だし不自然。他の役者さんがいると演技がわりとまともになる。他の役者さんに助けられているんだと思うと、本職の役者さんて凄いと思う。映画自体は樹海に飲み込まれたのか、出口が見えないままグルグルめぐるだけ。それが人生なんだよ、と言われれば人生なんだろうけど、何か方向だけでも示して欲しかった。そういったものを求めたくなるストーリーなんだから。ドキュメント風なのは解るが、撮影者全員が映っているのに手振れされると、緊迫感がそれてしまう。
●三月のライオン
数十年ぶりに再観。カット一つ一つが切ない。アイスは溶けて無くなりたいと思っているのではないだろうか?おばあさんが犬を川に捨てるシーンが全ての気がする。
●市民ケーン
たぶん、技術的な部分の凄さ(パンショット)なんかなんだろうけど、現代の映像に慣れすぎていて、実感が出来ない。物語りも、時のメディア王をコケにするとか、凄い先端的な部分なんだろうけど、やはり実感が出来ない。実感出来ない部分が、徹底的に自分の愚かさ至らなさに起因する。横軸縦軸を意識して観る癖を付けたい。
●アウト
最後、テルマ&ルーズみたいでかっこいい。女たちの解放されていく感がよかった。


<何気に稼げるアダルトアフィリエイト>
アダルト広告はAPEXアフィリエイトシステム

[ 2017/04/23 19:00 ] ヰタ-セクスアリス ポンコツ日記 | TB(-) | CM(0)

限りなく薄い近況報告

 はい。2月も半ば過ぎて春の装いになって来ましたね。我が家でも雛人形を出したりと本格的な春に向けて準備中です。でも春と言えば、花粉症なんて方も多いのではないでしょうか?、アレルギーのある人には大変な季節かもしれませんね。
 なんて、春を感じる良いブログ風な書き出しをしてみましたが、残念ながら当ブログはアダルトSM&多発性硬化症障害者のやさぐれブログですので、こんなこと思ってもおりません!雛人形なんて家にないしね。それに花粉症より、一日の気圧や気温の変化に耐えられず、イライラして死ねやと世界を呪っていたりしています。足痛いしね。
 最近はカフェ百日紅で行われているShin.3の「Sylvan (Small Box Vlll)」に行ってきました。顔の無いスレイブの無個性な感じがオブジェのようで堪らなく良いですよ。おススメです。
 後は、「世界遺産 ラスコー展 〜クロマニョン人が残した洞窟壁画〜」も行きましたが、こちらは意外と込んでいて落ち着いて観れない感じでした。子供さんも多くてゆっくり観れる環境ではなかったので、空いてから再度行きたいような感じです。
 以上、近況報告てした。


【最近読んだ本の羅列(個人的メモ代わり)】
わんわん明治維新 押井守 西尾鉄也
昭和元禄落語心中
ルサンチマン 花沢健吾

【最近観た映画の羅列(個人的メモ代わり)】
●沈黙-サイレンス-(マーティン・スコセッシ)
凄いわぁ。画面で泣かされた。意味もなく風景や音で涙が止まらない。神が語らないように映画も答えは静かに心の中にある。たまらん映画体験だった。でも、本当に拷問嫌だ。あんなことされたら、順番まっている段階で転ぶわ。率先して転びまくるわ。
●Mishima: A Life in Four Chapters(ポール・シュレイダー)
んー。難しいわ。三島の基本のようであり、応用のようであり。沢田研二はいつも攻めてるなぁ。
●気狂いピエロ(ジャン=リュック・ゴダール)
昔観た時も、咀嚼出来なかったので、再度観るも咀嚼しきれず。頭が悪いのかね。
●スターウォーズ4
観なければいけないと悲壮感に駆られてみる映画。でもいつも途中で投げ出してしまう。諦めた方がよいのだろうか?
●四月物語(岩井俊二)
何も無いところに物語を作る。優しく春の日差しのような映画。この時代は岩井俊二によって作られたファンタジーであったような気さえする。

<何気に稼げるアダルトアフィリエイト>
アダルト広告はAPEXアフィリエイトシステム

[ 2017/02/19 17:00 ] ヰタ-セクスアリス ポンコツ日記 | TB(-) | CM(0)

今年も宜しくお願いします。

 昨年はお世話になりました。
こうして2016年にあったことを思い返してみても、賠償金を請求された事位しか思い出せない程ダメージを受けた1年です。現在も話し合い中ですが、ろくなもんでは無いです。自分も含めですがね。
2~3回は離婚の話が出ましたし、健康状態も入院するかしないか位を誤魔化しながら生きている感じだしね。

 今年は、健康は無理だろうけど少しでも生きながらえてやろうと、意地汚く考えております。
動画に関しては、最近少し見直してクオリティーを上げております。こんなんだから賠償金の話が出るんですがね。まぁ。持たぬものの強みというか。俺から奪うものなんて何もないぜ。完全な空威張りですが…。
とりあえず、障害者でも出来るアルバイトって無いかね。都内で夜の勤務であれば教えて下さい。連敗中でかなり心が折れております。

本年も当サイトを宜しくお願い致します。


【最近読んだ本の羅列(個人的メモ代わり)】
古代ギリシャのリアル
「ない仕事」の作りかた みうらじゅん


【最近観た映画の羅列(個人的メモ代わり)】
●シティ・オブ・エンジェル
メグ・ライアンかわいい。ニコラス・ケイジの天使キモイという映画。ヴェンダース天使の詩が元だけど、ここまで思想を抜くとつまらなくなるのか?ベルリンから天使の意味を持つロサンジェルスに場所を移した意味がない。
●桐島、部活やめるってよ
やばい。相当なヒット&ラン!&ホームラン!といった感じ。目線だけで感情や人間関係を丁寧に描いて、おまけになにかしらのキャラクターに自分を投影させるし、一言も二言も言いたくさせる。凄いわ。なんで劇場で観なかったのか激しく後悔。まったく日本映画すごいじゃないか。
●Room(レニー・アブラハムソン)
監禁部屋から脱出した時の少年の目の眩み、世界の広がりの恐怖の表現に衝撃を受ける。動物を小さな小屋で飼い続けると、真直ぐに歩けなくなることを思い出す。そして監禁部屋から脱出したのに周囲の好奇の目により、また部屋に戻っている感じなど、堪らない感じ。母親と息子の関係はどうなっていくのだろう?そしてこの子は自分の父親を知ったときどう感じてしまうのだろう?辛い事のみを考えさせられる。でも、義理の祖父の事件に対する距離を取った感じや、ラストの近所の子供とのサッカーシーンに希望を抱かずにはいられませんでした。
●GONIN(石井隆)
根津さん追悼で見直す。出演者皆かっこいい。乾いた感じが好い。


<何気に稼げるアダルトアフィリエイト>
アダルト広告はAPEXアフィリエイトシステム

[ 2017/01/01 00:00 ] ヰタ-セクスアリス 銭ゲバ | TB(-) | CM(0)

君の縄。

 毎月毎月、もう何月と書いている。月一位で書かないと、個人的なメモ代わりにもなりゃしない。
まぁ、何だ神田で古書店周りではなく、10月は遅ればせながら「君の名は。」は観る。元々新海さんの絵が苦手だから観るつもりはなかったんだが、娘が観たいとの事で家族で映画鑑賞。娘はそれなりに感動していたようです。よかったよかった。
でも、この映画何が好いのか今ひとつ理解出来なかった…。奇跡のてんこ盛りなんだもの。あと記号としての刹那さ…。まぁ時代に乗れていないおっさんだから仕方ないのかね、元々アニメ苦手だし…。
観ながらずっーと「君の縄。」というSMパロディでも出来ないかと考えていた。ある日、見ず知らずの調教師に縛られてしまい、その快感が忘れられずに調教師を探すM女の物語。途中でお酒の咀嚼プレイがあったり、男装と女装の入替プレイがあったりで、最後は星空の元で縛られてみたいな感じのものなってどうだろうね。こんなこと考えてりゃあ、いい映画みても心に響かないやね。。。

【最近読んだ本の羅列(個人的メモ代わり)】
古代ギリシャのリアル 藤村 シシン
「ない仕事」の作りかた みうらじゅん
わんわん明治維新 押井守 西尾鉄也

【最近観た映画の羅列(個人的メモ代わり)】
●君の名は。(新海誠)
奇跡がてんこ盛り。こんなに奇跡が起こる奇跡。まぁ面白かったけど、俺には合わないや。あの絵も苦手だし、アニメは鬼門なのかも。
●ブロークバック・マウンテン(アン・リー)
山であんなことこんなこと。BL映画。切ないわ。泣いてしまうわ。あんなに美しい大自然の中なのに、自分の心を打明けられない、打明けることが許されない。偽ることしか許されない心。友情と愛情は同じものなのかも知れない。男二人がゴツゴツガツガツしながらやる殴り合いのようなSEXシーンが素敵。
●屍者の帝国
横の導線が多すぎるから、平坦な紙芝居に見える。女性の胸がでか過ぎて邪魔臭い。基本的に原作はファンタジー世界の中でのリアルティと現在世界の虚構の隙間のような内容なのだからこそ、絵や世界観などには積み重なれたリアリティが必要なのではないのかね。駕籠真太郎とかに描かせればいいのに。
●アサルトガールズ(押井守)
んー。基本実写は向かないタイプだよなぁ。人間の演出みたいなものが出来ないんだよなぁ。あと、ストーリーも制限があった方が、この人は自由になる気がする。制限がないと広がりすぎてしまって、着地点が無くなるか、くだらなくなってしまう。原作があって作るのと恐ろしい程自分のカラーがでるのに。意外と商業監督的な感じなんかね。
●殺人の追憶(ポン・ジュノ)
奥行きの在る絵。意外と大画面で観たいと思った。トンネルに堕ちるイメージが印象的。素直に面白かった。
●ジョーカー・ゲーム(入江悠)
編集はいい気がする。けどCGは頂けない。フカキョンはいいけど、ストーリーが安易な気がする。本格的な日本スパイ娯楽作品にしたかったんだろうけど、良くも悪くもTVドラマみたい。ストーリーの奥行きがなぁ。D機関の成り立ちみたいなものをもうちょっと付け加えればいいのに。あとストーリー内に時間進行が良くない。翌日には東京から台湾にいたり、台湾で盗んだ書類は日本に来て軍部の前で会議してるのに、盗んだ本人たちはまだ台湾で追いかけっこしてたり、ちょっと残念。
●狗神(原田眞人)
原田眞人だから気になって観たけど、天海祐希と渡部篤郎が親子って設定に無理がある。キャスティングミスじゃないの。どういう意味があってこうなったんだろう?原田監督のことだからなんらかの意味があるんだと思うのだが…。角川映画ということもあり、市川崑の犬神家の一族へのオマージュ的演出ありだが、まぁいいか。という感じ。
●風の歌を聴け(大森一樹)
噂には聞いていたが、ひどい映画とはあるもんだ。。。そりゃ村上春樹だってぶち切れるわ。


<何気に稼げるアダルトアフィリエイト>
アダルト広告はAPEXアフィリエイトシステム

[ 2016/11/03 17:37 ] ヰタ-セクスアリス | TB(-) | CM(0)

八月の濡れたゴジラ、または九月のメス豚クラブバンド

 気が付けば、もう九月。冗談クラブバンドの季節、とATGネタを初っ端から入れつつ、クソだった八月を呪う。だって、体調悪くて寝たり病院いったりの感じだったからね。一瞬再入院が頭に過ぎったけど、たい平師匠が障害者の為、多発性硬化症の患者の為、師匠こん平の為に、走ったからね。元気貰ったよ。おっと、冗談冗談。

 八月唯一よかったのは、「シン・ゴジラ」だけだったさぁ。この世の全ての厄災の塊のようで、美しく醜かったわ。今までの怪獣の中で、もっとも嫌な炎の吐き方だったのが一番の印象。禍をゲロのように戻す感じで、あぁー嫌だなぁ。
ゴジラという厄災は、何なんだろうか?3.11だろうし、フクシマだろうし。でもこれは日本だけの状況なのだろうか?9.11だって、ニーストラックテロだって、イタリア・中南米の地震だって、我々の頭上に置かれた厄災だろう。それらは、根本解決されることはなく、ゴジラのように居座り続け、僕らに絶望を与えるのだろうか。
でも、庵野監督は作り切った感じがある。岡本喜八・市川昆・実相寺昭雄でゴジラを再構築させるなんて、かっこよすぎる。

なんて、シン・ゴジラに興奮していたら、アフィリエイトのバナーが切れている事に、今更ながらに気が付く。
「メス豚」かなり昔に閉鎖してたんだね…。無駄な努力をしていた…。きっとこれが厄災だ…。そんな理由でページの構成などを再度考え直しております。まぁバナー広告多すぎる気もしてるんですよね。もう少しテキスト的な情報を入れれば面白いのかもとも思うのですが、手間も増えるしね。それにお前ら結局は動画観たいんだろ、って気もかなりするしね。
まぁいつも言うことだけど、時間が有るときはバナー順番にクリックしろよな。じゃないと、ゴジラばりに内閣総辞職ビーム放つぞ。


【最近読んだ本の羅列(個人的メモ代わり)】
裏ベスト事件王ランキング 村野薫
陰陽師 瀧夜叉姫 夢枕獏/原作 睦月ムンク/漫画
ちょっと今から仕事やめてくる 北川恵海

【最近観た映画の羅列(個人的メモ代わり)】
●太陽がいっぱい(ルネ・クレマン)
イミテーション・ゲーム観て、ゲイ映画つながりで観る。実らない愛を捨てるっていうのは、苦しいやね。
●百日紅(原 恵一)
んー。面白かったけど…。んーー。これ咀嚼に時間かかりそう。宿題にする。
●剣鬼(三隅 研次)
剣の反射光が顔に掛かるところが観たくて観た。愛する花畑の中での斬り合いに背筋がぞっとする。雷蔵でなければ許されない殺陣シーン。美しく刹那すぎる。
●ヘルタースケルター(蜷川 実花)
過剰までの色。過剰までのカメラワーク。全てが過剰。ゆえにシンプル。この時代に沢尻エリカで撮ることの意味。将にといった感じ。
●ツレがうつになりまして(佐々部清)
鬱になったとき、こんなに優しくされたことないわ。風呂場で自殺を試みるシーンが解るわ、あの感じ。鬱の感じが流石なほどリアル。また怖くなるわ。あと何で絵を3Dで飛ばすのかね。折角役者が良い演技してるのに、いらない演出。もったいない。
●ATOM(デヴィッド・バワーズ)
アトムはATOMEに成れなかった感じ。ハリウッド的に踏まえている感は半端ない。でもアトムではない。あと、燃料?テクノロジーで正と悪を分けるのは止めろ。そこは人間の感情にしないと、ATOMEの持つ正義感が薄れる。人間とロボットの差別感も薄れる。これではロボットの感情はない事になってしまう。まぁ、期待してなかったけど。。。
●R100(松本人志)
んー。松本人志の才能は枯渇しているのではと思える作品。全体のストーリーは凄く良いと思うけど、何で女王様は殴るだけなんだろう。もっとMプレイのイメージを膨らませれば絶対に面白くなるのに。あと100歳の映画監督の作品だとして逃げるんじゃないよ。エンディングの感じが24時間笑ってはいけないと同じ。あの感じ松本さんは好きなんだね。
●エスケイプ・フロム・トゥモロー(ランディ・ムーア)
ディズニーでの無許可撮影のみがウリかね。夢の国から現実に戻りたくない男の妄想?または夢の国に取り込まれた男の話?なんか色んな意味に取れるけど、つぎはぎだらけで、退屈な感じのした作品。男の妄想が何を象徴しているのか考える映画かね。期待していたけど、ちょっとオレには駄目だったわ。
●シン・ゴジラ(庵野 秀明)
感想は上部に。


<何気に稼げるアダルトアフィリエイト>
アダルト広告はAPEXアフィリエイトシステム

[ 2016/09/11 16:59 ] ヰタ-セクスアリス ポンコツ日記 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

Redrum

Author:Redrum
広告・相互リンクに関しては
sm.ooes02@gmail.com
にお問い合わせ下さい。

おすすめ








アダルト動画 DUGA -デュガ-