SM + 虐 待 & 拷 問

SM 調教 動画 無料 紹介サイト

sozai_01.jpg  sozai_01.jpg

なんかなぁ~。上手く行かないわぁ。

はぁ~。溜息でスタートですよ。長年運営していたエロサイトが諸般の事情により無くなりました。まぁ、売上があるサイトではないんだけどね。5年以上運営していたのが突然理由も教えられず運営から削除されました。
このサイトも急に削除されたら困るわぁ…。特に本や映画の羅列が自分的には結構貴重だったりしてね。ローカルにデータ残すかね。めんどうだなぁ…。
でも。ホント次期国会には著作権法改正もあるしね。当の漫画協会なんかは反対してるんでしょ。その時はどうなるかね。
正攻法のサイトも新たに始めたりはしてるんですが…。そりゃアクセス伸びませんよ。まぁ現状が良い訳はないんだけどね。


【最近読んだ本の羅列(個人的メモ代わり)】
Bバージン 山田玲司
ゲームの王国 小川哲
献灯使 多和田葉子

【最近観た映画の羅列(個人的メモ代わり)】
●叫(黒沢清)
黒沢清のホラーは世界が徐々に捲られていく恐怖。、助かる分岐点は話が始まる以前にある、気が付いた時には全てが手遅れなんだよね。忘れられないために世界を呪う。一瞬の偶然で目が合っても、それは呪われる理由になるのだ。
●馬鹿が戦車でやってくる(山田洋次)
コメディなんだけど神話というか説話的な話。ラストシーン以降の後日談的な部分でホロってさせる。
●20世紀ノスタルジア(原将人)
何故今って感じで。20年ぶりかね。こんな娘と映画撮影してたら、止まらないよ。原将人監督が好きで当時観たけど、今観るとホント広末を観るべきだね。当時の俺、映画論的な解釈していてかっこ悪い。広末かわいいが正解の映画。
●シャニダールの花(石井岳龍)
石井監督っぽい。水の中の八月を思い出した。神話的な儚い物語。
●ばしゃ馬さんとビッグマウス(吉田恵輔)
この意地悪さが吉田恵輔。脚本家志望の二人は才能ないというか。努力が間違っているんだよね…。でも判るわぁ…。自分の昔もそうだったしさぁ。作品に対して正直になれない。でも、創作することに囚われた人間は永遠に地獄巡りするしかないんだとね。
●MONSTERZ(中田秀夫)
雑な作品。なんかもっと見せ方あるだろう…。中田秀夫監督なのにね。まったく残念な映画。
●千年の愉楽(若松孝二)
雑な演出&美術!でもそれが良い…。若松孝二はビデオ撮影になってから撮影スピードに趣を置きすぎていたのでは…。もっと神話的な圧迫感を受けたかった。
●南瓜とマヨネーズ(冨永昌敬)
軽薄な色男やらせたらオダギリジョーは本当素敵。でも好きになるって結局こういう事なんだよね…。本当の大人なんかになりたくないよ。魚喃キリコの作品て映画的な漫画なのに、いざ映画化するとどうしてもやぼったい感じになってしまう。まぁ魚喃キリコの漫画は面白いってことなんだけどさぁ。作品もっと描かないかなぁ…。
●フィギュアなあなた(石井隆)
隠れオタクはフィギュアとSEXの夢見ながら死んでいくって作品。石井隆には珍しいファンタジーな世界って言うのは言い過ぎか?でもこれって意外と是枝監督の「空気人形」と対にしてみるべき映画ではないだろうか?最初10分間だけ出て来る無茶ぶりブラック上司役の竹中直人に注目。
●キャプテン・アメリカ ウインターソルジャー(アンソニー・ルッソ ジョー・ルッソ)
マーベル映画も…。ブリッジ的な部分が多すぎて、だんだん面倒になってきている。連続ドラマとか苦手なんだよね。上手くまとめてくれないかね。面白いんだけどね…。あと荻上チキさんの話を聞いて期待がデカ過ぎてるのかも。
●火の鳥(市川崑)
アニメとの合成部分が…。元アニメーターの市川崑だから少し期待してたんだけど。でも当時から考えればかなり斬新か。ん~、市川崑らしいモダンさが無いんだよな…。昔から漫画の大作映画は今と変わらずか。


<何気に稼げるアダルトアフィリエイト>
アダルト広告はAPEXアフィリエイトシステム

[ 2019/01/27 15:00 ] ヰタ-セクスアリス 銭ゲバ | TB(-) | CM(0)

本年も宜しくお願い致します。

新年明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

とはいえ、今年はどうなるんですかね。「アダルト動画著作権管理組織(AVCMO)」なんて謎な組織が現われてるし、今後このサイトも下降する感じでしょうかね。でも組織名称以外メールアドレスしか表記されていない組織っていいんだすかね。弁護人や所在地・発起人・賛同企業などの表記があって然るべきだと思いますが。まぁ、お前らのような違法野郎どもに名前を名乗るのも勿体ないってことですかね。
でもまだ違法じゃないんだよな~リーチサイトの場合は…。次期国会で法案通って施行されて、晴れて違法サイトだからな~。この文面だと何を法的根拠にしてるんだろ?でも一般常識では駄目って感じだからね。
今年の目標は合法サイトへのリニューアル!で頑張ります。
あと積まれているゲームも頑張ろう。


【最近読んだ本の羅列(個人的メモ代わり)】
コブラ 寺沢武一
上を向いてアルコール「元アル中」コラムニストの告白 小田嶋隆

【最近観た映画の羅列(個人的メモ代わり)】
●ゴールデンボーイ(ブライアン・シンガー)
スタンドバイミー闇版って感じ。主人公がダークサイドに堕ちる理由をもっと繊細に描いて欲しかった。特に性的指向に関して。多分、ゲイで老人軍服マニアなんだろうけどさぁ。自分でも気づきたくない性的指向って厳しいよなぁ。
●ミスター・ミセス・ミス・ロンリー(神代辰巳)
原田三枝子って素敵だわ。儚いというか、危ういというか…。脚本も原田三枝子なのか。凄いわ。
●赤い橋の下のぬるい水(今村昌平)
潮噴きすぎ。最後の潮に虹って、物凄い変態的で素敵だ。純粋だからこそ御伽の世界に行ける感じか。
●GODZILLA 決戦機動増殖都市(静野孔文・瀬下寛之)
相変わらず不思議な作品。ゴジラ凄すぎるし。世界というか宇宙全体がゴジラ的なものに支配されているのか…。主人公の熱さとゴジラの火炎放射でもうなんだか、訳わからなくなってきた。
●探偵はBARにいる3(吉田照幸)
安定のシリーズになっている。こういったハードボイルド&コメディな感じって今無いから嬉しい。段々事件が大げさになっているのが少し心配だけどね。続いて欲しいわぁ。
●凶悪(白石和彌)
ぶっこむぞ!!って今頃観たのかよ、と怒られそう。スゲー面白。ピエール瀧さん切れきれじゃん。凄いわ!!


<何気に稼げるアダルトアフィリエイト>
アダルト広告はAPEXアフィリエイトシステム

[ 2019/01/01 00:00 ] ヰタ-セクスアリス 銭ゲバ | TB(-) | CM(0)

ネカフェは潰れるし、売上下がる。野外シネマは劇上げ、台風は怖い。

 近所のネットカフェが潰れた。今後、漫画どこで読めばよいんだか…。近所で残りのメディアカフェポパイは高いし、ゲラゲラはアダルト禁止だしね…。個人のネカフェが一番好きなのに。俺にとって最強のネットカフェは五反田西口の松屋や天下一品のビルの5Fの名もなきネットカフェなんだけどね。まだあるのかな…。便所臭いし、部屋は汚いし、漫画は古いし、店員の態度悪いしで、本当に居心地がよかったんだよね。6時間千円というのも最高だし。もう、こういった個人的な店って淘汰されていくんだろうね。アホみたいにチェーンの正しい店行くしかないんだろうね。寂しい限りだよ。
 まぁ、そんなことより、売上縛下がり中(SMジョーク)。もともと売上なんてひどいもんだけどさぁ。今月が目も当てられない。入金最低額が超えられそうもないんで、来月に入金は持ち越しな感じだよ。どうしちまったんだか…。一日1クリックで30万円とかいう詐欺バナークリックして熟読しちまう位危機的な状況だよ。困ったもんだ。
 あと、良いニュース。Twitterで「トーハクの野外シネマ」観に行ったよってツィートしたら「いいね」が25件も付きやがるの!おいおいSMサイトのTwitterだぞ。いいこともあるまいに…。サイト運営者みてから「いいね」しようぜ。まぁもちろん売り上げに貢献は一切しないんだけどね。
 ついでに体調悪し。台風の影響かね。熱が出て疲れが酷い。思わず14時間も寝てしまった…。週末に向けてサイトの更新作業すすめて、週末はゲームや板タブでお絵かきしようっと考えていたのに全てご破算。酒飲んで寝るしかないね。未だに体力の配分が上手くいかないわ。配分するほど体力が無いという気もするが…。
今回も愚痴で終わりです。では。


【最近読んだ本の羅列(個人的メモ代わり)】
前科おじさん 高野政所
ふいにたてなくなりました。おひとりさま漫画家、皮膚筋炎になる 山田雨月
ジェノサイド 高野和明
西部新宿戦線異状なし 押井守×大野安之


【最近観た映画の羅列(個人的メモ代わり)】
●天空の蜂(堤幸彦)
ん~。馬鹿な映画。俺なら前半の子供がヘリに…部分は全て削除するね。スペースキャンプかよ。それに色んな政治的配慮を考えてなのか原発に関しても自衛隊に関してもモヤモヤするだけ。だから犯人の主張もアヤフヤ。薄い映画。
●赤線地帯(溝口健二)
メガネの木暮実千代が一番エロい!絶対指名するわ!でも、木暮実千代の夫が自分を見ているようで泣けてきた。。。女は偉いよ。否、娼婦が偉いのかもしれない。
●ミリオンダラー・ベイビー(クリント・イーストウッド)
削ぎ落として削ぎ落として出来ている映画。感想が難しい。生きるとはどういうことなんだろうね。ラストの優しくなさが優しい気がする。
●それから(森田芳光)
藤谷美和子がいいわ。浮世離れした感じが儚くかわいい。「千と千尋」の都電の幻想的にイメージに既視感を感じていたが、これだった。こういうイメージの森田風景が気持ちいい。意外とこれが代表作じゃないかな。
●溺れるナイフ(山戸結希)
舐めていた。画に説得力がある。これは青春映画ではなく、神々の戯れ映画である。過剰までの全能感に包まれた2人が凄すぎる。漫画原作よりこちらの方が好きだわ。
●ジョジョの奇妙な冒険(三池崇史)
なんだろう。このやっつけ感。もっと物語自体を三池調にして良いのでは。どう考えてもラスボスの兄弟の立ち位置を逆にした方が盛り上がるだろうに…。続編とか本当にやる気あるのかね。無いのに続くって終わりは止めたほうが良い。
●忍びの国(中村義洋)
折角、忍者を傭兵の超現実主義集団として描いているのだから、もっともっと人情とか無視すれば良いのに。話がダークになり過ぎるから難しいのかね。ジャニーズ映画と言われてしまういわれかね。大野君のキャラも悪くはないんだけど、人間として成長(人間味)をさせない方が正しい気がする。
●ユメ十夜
実相寺監督と市川崑監督の遺作かぁ。作品はいいけど残念なプロデュースというか…全体の統一感が…。松尾スズキは良かった。実相寺の夏目漱石の夢十夜なのにいきなり百閒サラサーティの盤オマージュに笑う。けどこの辺りがプロデュース出来ていない感だよなぁ。ホラーは在りきたりの解釈だし。もったいない作品かなぁ。
●ディア・ハンター(マイケル・チミノ)
アメリカのある意味青春であり蹉跌。ベトナム戦争へ行く前のあの丁寧なまでの結婚式シーン、戦争後の変わってしまった自分たち・周囲。そしてロシア系移民である事。もう能天気に喜べない苦悩だけが静かに横たわっているんだと思う。
●トレインスポッティング(ダニー・ボイル)
今観ても編集が斬新。愛すべきダメさ。スコットランドという場所。閉塞感。公開時は氷河期就活中でこの映画で救われた感じがしたのを思い出す。


<何気に稼げるアダルトアフィリエイト>
アダルト広告はAPEXアフィリエイトシステム

[ 2018/09/30 14:31 ] ヰタ-セクスアリス 銭ゲバ | TB(-) | CM(0)

生産性の問題

 はい。7月ももう終わり。Twitter始めてから日記の更新が益々遠のいております。
今月はサッカーワールドカップもあり、売り上げ減を覚悟していたのですが、意外と上々な感じです。この日本対ベルギー戦のさなかに「熟女鼻飼育」が売れていたのは、面白かった。サッカーより鼻虐めだよな!尊敬するよ。
「カメラを止めるな!(上田慎一郎)」を池袋ロサ会館に観にいったけど、劇場の空気間が凄くよかった!素晴らしい映画が生まれ、それを後押しするファンが生まれ、劇場公開が広がっていく!これこそがロードショーって感じだった。是非未見の人はダッシュで劇場に走れ!
上田監督は製作費300万円、「ハンソロ」だったら1秒も撮影出来ないなんて笑い話にしていたけど、皆手弁当で作ってるから300万円で収まっているだけで…。本来はもっと製作費掛かってるんだろね…。こういうところにもっとお金が流れる仕組みがあれば良いと思うよ。まぁLGBTは生産性がないと断罪する政治家がいる国だし、「万引き家族」を国の恥だと騒ぐ人がいたりね。ホント御里が知れるわ。ってこんなサイト運営している人間も御里が知れるけどね。
なんか、最近落ちが同じだわ。

【最近読んだ本の羅列(個人的メモ代わり)】
小沢健二の帰還 宇野維正
砂上 桜木紫乃
でぃす×こみ ゆうきまさみ
アクシデント・レポート 樋口毅宏

【最近観た映画の羅列(個人的メモ代わり)】
●ニンジャバットマン BATMAN NINJA(水﨑淳平)
脚本の中島かずきが気になり。アメリカ人の好きなニンジャ!&アメコミ風日本アニメ!くだらなくて楽しかった。石炭で動かしてん?ってのも楽しいわぁ。
●カメラを止めるな!(上田慎一郎)
最高!劇場で観れたことを感謝する。うねりに乗れたのは非常に嬉しい。劇場が揺れていた。これは父娘の物語だ。
●ゴースト・イン・ザ・シェル(ルパート・サンダース)
これはこれで単品ならそこそこと思ってしまうだろうが…。やはりシリーズの文脈として考えれば駄作だよな。何故今これを制作したのかが解らない。どうしたって攻殻の流れを考えるし、マトリックスを超えなければならないし…。無理はしないに越したことはないなと思う映画。
●七瀬ふたたび(小中和哉)
ちょこちょこ手を抜いた演出が入る。飛行機の中や主人公が飛行するあたりに…。もう少し誤魔化しも出来るだろうに…。それとも飛ぶことに何かトラウマでもあるのだろうか?他は硬い演出。過去シーンや超能力シーンは普通に面白かった。あと「ふたたび」の意味の解釈が斬新すぎて驚いたけど、ある意味アリな気もする。原作はバッドエンドだからね。
●7月4日に生まれて(オリバー・ストーン)
国家とは何であるか。愛国の元に戦っても国家はなんの見返りを与えない。愛国が故に愛国と闘わなくてはいけない。「キャプテンアメリカ」等は同じ構造原理を持つ映画。アメリカは自浄することを意識し続けているんだと思う。例えそれが間違った政権の下であろうと。
●劇場版 マジンガーZ / INFINITY(志水淳児)
マジンガーって、魔人の意味なのね。世代がちょっと違うので思い入れが…。もっとレトロに作ってもらった方が逆にのめり込めたかも。
●腑抜けども、悲しみの愛を見せろ(吉田大八)
全員腑抜けか!各々が勝手に自らに呪いをかけている。でも、現実世界でもそうなんだよね。自分に呪いをかけて逃れられなくなる。一番可哀そうなのは事あるごとに集められるご近所のご老人な気がする。
●GODZILLA 怪獣惑星(静野孔文 瀬下寛之)
ゴジラ幾らなんでも化け物過ぎるだろ!どんだけのスピードで地球を横断しているんだよ。あと調査をもっとしてください。あまりに一発で作戦に入りすぎ。でも意外と面白かった。こういったSF仕掛けのゴジラは新鮮なんじゃないかな。冒険は悪い事ではないよ。
●破裏拳ポリマー(坂本浩一)
まぁ、想像していたんだけどね。雑な感じ。もう少し配役を絞るとか、お金の掛け方を考えればいいのに。無理してやろうとし過ぎな感じ。まぁ予算的な部分なんだろうけど。アクション出の監督って、主人公以外の役者が棒立ちで進んでいくんだよね。そこが見所かもね。
●キッズ・リターン 再会の時(清水浩)
まぁ、もとから地獄に落ちること受けあいの作品。みんななんで関わったんだろう。北野武という才能を感じさせるための作品か?作っていて辛いだろうな…。観ていても辛いもの…。再会しなければ良かった…。

<何気に稼げるアダルトアフィリエイト>
アダルト広告はAPEXアフィリエイトシステム

[ 2018/07/29 15:00 ] ヰタ-セクスアリス 銭ゲバ | TB(-) | CM(0)

備忘録的に

 相も変わらずの貧乏サイトです。最近アクサスの低下をクライアントより注意されております。閲覧の皆様は各リンクをクリックするようにお願いいたします。
PCを今月買い換えましたので、一時期更新が止まりましたが、現在は通常更新となっております。楽しいSMライフを。
GW中の目標として、新たにサイトを作ろうと考えております。内容自体はまだ決めかねているのですが、当サイトへの誘導サイトになる予定です。本来なら年5サイト位を製作してダメなものは消してとやりたいのですが、中々ね…。時間も無いしでサボっております。(だからアクセス悪いんだと、という声が聞こえてきそうです) まぁ、日記で宣言して自分を追い込まないとと言った感じです。
 「漫画村」等についても書こうかと思っていたんですが、どの口がになりそうなんでね。まぁ派手にやれば馬鹿に見つかる的なことを考えてしまいます。静かに潜伏しながらってね。一生浮上出来ないんだろうけどね。当サイトのスポンサーとかどう考えてるんだろう?アダルト関係は皆で首絞め合ってる感じがします。上手くお金に出来れば良いんですけどね…。ホントどの口が言ってるんだろうね…。
 体調に関して、ここ10日程身体の痺れが増している。右手に関しては感覚や握力がかなり衰えている。痛み止め薬を止めているのが原因と思いたいが、そう甘い感じではない様子。医師の診察では確信はないが再発かもとのこと。とりあえず2週間様子を見て精密検査へ。結果次第では…。ということらしい。面倒ったらありゃしない。


【最近読んだ本の羅列(個人的メモ代わり)】
白暮のクロニクル ゆうきまさみ
ブレードランナーの未来世紀 〈映画の見方〉がわかる本-80年代アメリカ映画 カルトムービー篇 町山智浩
ボーイズ・オン・ザ・ラン 花沢健吾
ホームシック 生活(2~3人分) ECD著 植本一子写真


【最近観た映画の羅列(個人的メモ代わり)】
●シェイプ・オブ・ウォーター(ギレルモ・デル・トロ)
ラストシーンの赤いヒールが脱げる部分に泣いてしまった。すべての偏見を取り去ること、同じ権利を与えること、判っているのだが本当に難しい。常に意識をしなければ。このタイミングでこの映画を創ったギレルモ・デル・トロは凄い。ここまでの凄みを出せる監督だとは思っていなかった。
●レディー・プレイヤーワン(スティーヴン・スピルバーグ)
久々のキスで終わるようなスピルバーグ映画。逆光とか画の奥行とか観ていてワクワクした。以上に、三船敏郎やガンダム、メカゴジラ、金田のバイクが堪らない。よく著作権クリアできたな~。もうおじさんとしは目が離せないよ。
●22年目の告白 ―私が殺人犯です(入江悠)
場面場面は面白いんだけど…。年齢的にも合わない気がするし。安っぽいというのが感想。今更、松田優作版「野獣死すべし」的な背景を言われてもね…。それに犯人は、その頃から別荘持ってたの?金持ちに成れたの最近なんじゃない的な部分もノイズになっちゃつた。
●打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(大根仁)
駄作。元々企画に無理ある。タイムリープものにするしか手がないよね。
●DEVILMAN crybaby(湯浅政明)
わぁー。泣いちまったよ。さすが湯浅!!絵的に難しいかなと思っていたが、いやいや、この絵が一番はまってる。凄いわ。
●ダンケルク(クリストファー・ノーラン)
上手いな。自分が一兵卒としてダンケルクに立っているような気持ちにさせられた。劇場で観なかったことが悔やまれる。
●殺しの烙印(鈴木清順)
アニメ版ルパン三世(パート1)の元ネタだよね。これが進化してルパンになると思うと面白い歴史的背景を感じるけど、当時これをいきなり観させられて皆理解出来たんだろうか?出来ないから鈴木清順は映画撮れなくなったんかね。この辺りを踏まえての宮崎駿のカリオストの城評なんかもあれば面白そうだわ。
●煉獄エロイカ(吉田喜重)
昔観たときは5分で寝たが、今回は最後まで観れた。俺大人になった!それにしても観念的な作品。観ている人間を混乱させる映像がかっこいい。これは夫婦が互いに持つ過去のトラウマが現実を冒していく話という理解でよいのかなぁ。難しい…。


<何気に稼げるアダルトアフィリエイト>
アダルト広告はAPEXアフィリエイトシステム

[ 2018/04/29 15:03 ] ヰタ-セクスアリス 銭ゲバ | TB(-) | CM(0)

アナルに帆をかける

 もう少し定期的に日記を書こうと思いながら、1回以下の更新です。
本日位より、DUGA以外の動画の埋め込みを止めて、サイトへのリンクとします。基本一番上の動画みたいな画像をクリックすれば、無料の共有動画サイトへリンクされています。リンク先の動画が無くなってたら、ごめんなさいです。まぁ、無料なんで許してねって感じです。一応騙しリンク&ワンクリック詐欺のような事はしていませんので、ご安心下さい。
まぁ、なんだってこんな処置したかと言うと、埋め込むよりリンク先の方が大きい画像で観れたりと色々楽かなと思うのと、色々責任問題もでそうなのでね。ほら、漫画の無料サイト摘発されたりしてるでしょ。まぁ意味ないでしょうけど…。そんな事を考えて対応してみました。
アクセスの推移など考慮しながら少しずつ対応進めて行きます。一番大切なのは、貴方方が動画を購入することなんですがね。
最近また売り上げが落ちているので、そのあたりも考えてサイトを見てくださいね。特にお金の余っている人や、無理してでも使いたい人・寄付したい人は当サイト経由で動画購入して下さい。宜しくお願いいたします。

最近、ちょっと意識的に映画館へ。レンタルでも良いかなぁとも思っていたのですが、やはり劇場で観ると感覚が変わります。特に「ブレードランナー2049」等、画面の情報量が桁違いのものは大画面でないと読み取り難くて。そんな訳で劇場に行くわけですが、昨今の劇場の上映スケジュールが3日分程度しか情報がないのは、なんとかならないんですかね。昔の人間なんで「ぴあ」の1週間スケジュールを見ていた世代からすると、スケジュールの動きがタイト過ぎて着いて行けません。劇場側も効率良く上映を行いたいのは判るのですが…。こちらの予定が中々決まらないのと、予約しないと早く劇場に行かないといけないというのは、結構面倒だったりします。また僕自身が障害者手帳なんぞ使うので予約が上手く行かなかったりでね。まぁ老害なんでしょうけどね。。。
まぁ取りあえず道楽は意識的に行わないと。一日がボーっと進んでしまうんでね。目下の目標はPS3の積みゲー3本の封を切る事。無駄使いだぁ~。

【最近読んだ本の羅列(個人的メモ代わり)】
北斗の拳
満願 米澤穂信
富山市議はなぜ14人も辞めたのか チューリップテレビ取材班
散歩する侵略者 前川知大

【最近観た映画の羅列(個人的メモ代わり)】
●猿の惑星 聖戦記(マット・リーヴス)
西部劇&大脱走!猿たちはあらゆる種族が共に近づき、最後は退化した人間すらも受け入れる感じが凄いわ。でも猿の惑星では階級化が進んでいるんだけどね。。。人類は差別を超えて終結するが、結局は排除で破滅していく姿が物悲しいような、もうみんな知能が落ちているような感じだったわ。これほど猿に肩入れして観てしまう不思議。シーザー!!!
●DOORⅢ(黒沢清)
内容は兎も角、黒澤清の演出が全て詰め込まれている感じ。残念なのは得意の車描写がないこと。あと田中美奈子好き。タイプだわ~。
●ブレードランナー2049(ドゥニ・ヴィルヌーヴ)
前作を丁寧に読み解き作られた映画。前作みたいな映像の衝撃は無いが、人間とは何なのか、どこからが人間なのか何が人間ではないのか。あやふやにされていく感じが現代の差別であったりを象徴しているようで面白い。出てくる人々?に人間はボスと娼婦しかいなくて、後はレプリカンかレプリカントのような人物、神になろうとしている人間しかおらず、実質人類崩壊してんじゃね?という気にさせられる。主人公Kもこりゃ困り顔しますわ。でも最後のKの切なさに泣いちゃったよ。あー誰かと話したい映画だわ。
●デッドプール(ティム・ミラー)
無駄口を叩けば叩くほど切ないよ。小さな希望にすがるしかないからこと、彼は悲惨な境遇に落ちながら軽口を叩くしかない。観ていて泣けて来た…。凄いキャラクターだ。
●マークスの山(崔洋一)
話がしっちゃかめっちゃ。前半は警察内部の縄張り争い、中盤から事件の背景の70年代学生運動に、でも後半になると警察の縄張り争いは消えて山登り。これ2時間で作るの無理じゃない。もっともっと話を削げ落とさないと。話の中心どころかストーリーもあやふやになるわ。無駄に何回も観てやっとおぼろげにストーリーが判ったわ。原作を読むことが前提の映画か…。でも出演者は凄いわ。それもおぼろげにする要因か。
●11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち(若松孝二)
解釈難しい。若松が三島を撮るという事。若松は赤軍関連もあり左派側の思想のように感じられるが、若松自身は政治的思想は持ち合わせていない。ただあの政治の時代に純粋に命を掛けて政治を語る若者の青臭さを信じていたのであろう。そう考えれば、同じように右派の立場から命を掛けた三島(若者ではないが…)の純真さも同じ地平と捉えていたのではないか?だが若松自身は三島や左派の若者たちのような高学歴の特権階級ではない。元は渋谷のヤクザである。そこには民衆・庶民の目線を持つ。結局は彼らが行っている事の馬鹿馬鹿しさ・稚拙さを感じているのではないか?だからこそ政治の時代に変革は起きなかった訳だから。タイトルの「…若者たち」とは純粋無垢に進んでいった右も左も政治の時代の若者たちの事なのだろう。
●マン・オブ・スティール(ザック・スナイダー)
暗いな~。爽やかさがない。どうしてもスーパーマンには健全な明るさを求めてしまう。あとスーパーマン強すぎないか?もうドラゴンボールレベルの強さなんだけど…。あと犬を助けに行くの禁止しない。恐ろしくワンパターンな気がする。アメリカ人には原風景的なものなのかね。
●キングコング:髑髏島の巨神(ジョーダン・ヴォート=ロバーツ)
脚本練られてるなー。コング一族最後の王者の悲哀感じたわ。コングが現れる時は基本静かに現れるのね。それは人を敵視していない事だと思う。トカゲを刺激することに怒るだけなんだよね。凄いわ。ドキドキしながら観てしまった。もうこのモンスターシリーズどうなるんだろ。コジラVSキングコング、ワクワクが止まらない。
●永い言い訳(西川美和)
西川美和は意地悪だな。こんなの見せられたら泣いちまうよ。結局人生はひとりなんだよね。モックンは周囲に良く見られたくてイライラして、そんな自分を嫌いになり、周りに八つ当たりする…。あぁ、自分と同じだぁと胸に突き刺してくる。竹原ピストル見たいに、自然と当たり前にぶっけていける人に永遠に勝てない。竹原ピストルは勝ちたいとも思っていない…。モックンは言い訳を探し続けるしかない。ホント西川美和は意地悪だ。

<何気に稼げるアダルトアフィリエイト>
アダルト広告はAPEXアフィリエイトシステム

[ 2017/11/26 15:00 ] ヰタ-セクスアリス 銭ゲバ | TB(-) | CM(0)

忘却の彼方に

 久々の日記更新でお馴染みのRedrumです。という昔やっていたブログの出だし風に始めてみました。
何故、急に誰も知らないブログの出だしをしたかと言うと、昔在籍していた会社が身売りしたそうなんでね、そんな事からちょっと始めてみました。
いや~。ボク今まで在籍した会社って4社もあるんですよ。内3社が今は無いときています。
新卒で入社した出版関係も潰れましたし、その後のネット広告系2社も潰れました。残るは前社のマーケティング系の1社のみですよ。ここが一番ムカつくので潰れて欲しいんですがね。でも最近業績が落ちたとか、悪い噂を聞くんでワクワクしています。でも中々潰れんのだろうな~。

【最近読んだ本の羅列(個人的メモ代わり)】
教団X 中村文則
溺れるナイフ ジョージ朝倉
全国版 あの日のエロ本自販機探訪記 黒沢哲哉
幻夏 太田愛
PC遠隔操作事件  神保哲生
玩具修理者 小林泰三
涙香迷宮 竹本健治

【最近観た映画の羅列(個人的メモ代わり)】
●どですかでん(黒澤明)
黒澤のこういった小作品の凄さ。夢の家を語ることしか出来ない乞食の父に涙を流す。判っているんだよ、でももうこの世界に繋がっている術がないんだよなぁ…。褒められるべき人々ではないけど、生きているということの壮絶な美しさ、黒澤のカラー初作品というのも頷ける。どうしても戦後だとイメージ的に貧困であったりバラックの家といった輪郭ばかりを気にしてしまいがちだが、やはり戦争がどれだけ人々の心に強烈に焼き、生き方自体がどれほど根本的に覆されたのかを考えてしまう。あるいみ「仁義無き戦い」なども思想的には同じラインにあるのではないだろうか。
●夜は短し歩けよ乙女(湯浅政明)
流石、天才湯浅!映像は考えるものではなく、感じて楽しむものという感覚がビンビン伝わってくる。全てを一夜にまとめていて、人って生きているとこんな感じの夜をすごすよね、もしくはこんな一夜のような一年を過ごすよね。見ていて楽しすぎる!
●地獄(中川信夫)
ん~。こういったもので溜飲を下げてたりしてた時代なのかね。1960年代だとすると、海外受けも良かった気がする。ハリウッドの検閲は絶対通らなかっただろうし。そう考えると表現の自由は日本の方が進んでいたと考えられるのかね。
●ニンゲン合格(黒沢清)
何度か観ているが、中々咀嚼出来ない映画。時間かけてもう一度チャレンジだ。
●インデペンデンス・デイ リサージェンス(ローランド・エメリッヒ)
なんだろう、このインフレ感の楽しさは。まさにお家でポテチでも食べながら、半分寝ながら、酒飲みながら観る映画。内容なんかは関係ない。画面になにか映っている感じのみ。
●ムカデ人間3(トム・シックス)
このパターンの続編て、永久機関のように作り続けられるよね、大発明な気がする。映画を見た影響で同じことをしたくなるって素敵。それに今までの出演者総出演だし。もっと続編を。
●インフェルノ(ロン・ハワード)
なんだろう?ラングドンに謎解きさせる為に犯人は仕掛けを作ったの?目的が解らない。大量殺人ウイルスばら蒔きたいなら、さっさと撒けばいいのに…。凄いノイズに感じた。ただ、ラングドンが見る地獄の幻想は良かった。このシリーズ回を追うごとにレベルが下がっている気がする。
●パターソン(ジム・ジャームッシュ)
不穏な空気が永遠と流れているように感じた。日常とは非日常なのかも。奥さんが壊れているような気がして気が気でない。なんだろうポイントで出てくる双子の不安感。兎に角「あは~ん」。
●魁!!男塾(坂口拓)
出演者の身体が細すぎるんだから、漫画と同じ衣装にする必要ないのに。照英だけが、上手くはまってたかな。あとはボロボロ。話も漫画をそのままにするのでなく、どれだけ凄い男達かをコメディ的に描いてから、最後の戦いに向かえばよいのに。今ひとつもふたつも凄さが判らない両者の戦いになってるし。というかアクションが無理なら誤魔化しでもよいから…。山田辰夫とか千葉繁とか勿体無い。
●アウトレイジ 最終章(ビートたけし)
とにかく大友は爆弾すぎるわ。もう少しジョーカー性を減らしたほうが好きだわ。今までのシリーズだと怪我を負うのに今回は無敵過ぎる。それに全ての片を着けずに、あのラストは解釈が難しい。暴力映画の象徴としての死であるような気もするし、もう作らんという意思表示のような気もする。意外と張会長を主人公に続編もいいかも。一番の悪人な気がするわ。全てを判っていて仕向けているような…さすがフィクサー。あと、光り輝く自動車や時計などの小道具は流石に気持ちいい演出。今回雨のシーンが非常に多かったが何を意味してたのか?再度見て考察かなぁ。


<何気に稼げるアダルトアフィリエイト>
アダルト広告はAPEXアフィリエイトシステム

[ 2017/10/15 16:01 ] ヰタ-セクスアリス 銭ゲバ | TB(-) | CM(0)

今年も宜しくお願いします。

 昨年はお世話になりました。
こうして2016年にあったことを思い返してみても、賠償金を請求された事位しか思い出せない程ダメージを受けた1年です。現在も話し合い中ですが、ろくなもんでは無いです。自分も含めですがね。
2~3回は離婚の話が出ましたし、健康状態も入院するかしないか位を誤魔化しながら生きている感じだしね。

 今年は、健康は無理だろうけど少しでも生きながらえてやろうと、意地汚く考えております。
動画に関しては、最近少し見直してクオリティーを上げております。こんなんだから賠償金の話が出るんですがね。まぁ。持たぬものの強みというか。俺から奪うものなんて何もないぜ。完全な空威張りですが…。
とりあえず、障害者でも出来るアルバイトって無いかね。都内で夜の勤務であれば教えて下さい。連敗中でかなり心が折れております。

本年も当サイトを宜しくお願い致します。


【最近読んだ本の羅列(個人的メモ代わり)】
古代ギリシャのリアル
「ない仕事」の作りかた みうらじゅん


【最近観た映画の羅列(個人的メモ代わり)】
●シティ・オブ・エンジェル
メグ・ライアンかわいい。ニコラス・ケイジの天使キモイという映画。ヴェンダース天使の詩が元だけど、ここまで思想を抜くとつまらなくなるのか?ベルリンから天使の意味を持つロサンジェルスに場所を移した意味がない。
●桐島、部活やめるってよ
やばい。相当なヒット&ラン!&ホームラン!といった感じ。目線だけで感情や人間関係を丁寧に描いて、おまけになにかしらのキャラクターに自分を投影させるし、一言も二言も言いたくさせる。凄いわ。なんで劇場で観なかったのか激しく後悔。まったく日本映画すごいじゃないか。
●Room(レニー・アブラハムソン)
監禁部屋から脱出した時の少年の目の眩み、世界の広がりの恐怖の表現に衝撃を受ける。動物を小さな小屋で飼い続けると、真直ぐに歩けなくなることを思い出す。そして監禁部屋から脱出したのに周囲の好奇の目により、また部屋に戻っている感じなど、堪らない感じ。母親と息子の関係はどうなっていくのだろう?そしてこの子は自分の父親を知ったときどう感じてしまうのだろう?辛い事のみを考えさせられる。でも、義理の祖父の事件に対する距離を取った感じや、ラストの近所の子供とのサッカーシーンに希望を抱かずにはいられませんでした。
●GONIN(石井隆)
根津さん追悼で見直す。出演者皆かっこいい。乾いた感じが好い。


<何気に稼げるアダルトアフィリエイト>
アダルト広告はAPEXアフィリエイトシステム

[ 2017/01/01 00:00 ] ヰタ-セクスアリス 銭ゲバ | TB(-) | CM(0)
プロフィール

Redrum

Author:Redrum
広告・相互リンクに関しては
sm.ooes02@gmail.com
にお問い合わせ下さい。

おすすめ


リンク
おすすめ

アダルト動画 DUGA -デュガ-



ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
913位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
24位
サブジャンルランキングを見る>>