SM + 虐 待 & 拷 問

SM 調教 動画 無料 紹介サイト

sozai_01.jpg  sozai_01.jpg

昔居た風景

 まぁ。気が付けば2カ月以上経ってるんですね。この日記も。
夏休みを利用して国会図書館で漫画読んだりしてたら時間が空転していてね。それと親父が倒れたりで時間が無かったんでやんすよ。幸い親父は一命を取りとめたんですけどね…。なんか母親がシビンとかやりたくないとのことで、親父のチンポもってシビンしてましたよ。なんだかね。親父は意識混濁だしね。散々見てきたチンポだろって思うけど嫌らしいよ。まぁ人生で親父のチンポ触る事ってあんまりないから、良いチャンスかね。


【最近読んだ本の羅列(個人的メモ代わり)】
少女・ネム 原作:カリブ・マーレィ 作画:木崎ひろすけ
バッドブラッド 原作:狩撫麻礼 作画:松森 正
ファイター 原作:狩撫麻礼 作画:園田光慶
ハードスキン 原作:狩撫麻礼 作画:ひろき真冬
至近未来実話リアル 原作:狩撫麻礼 作画:本沢たつや
エッヂ  原作:狩撫麻礼 作画:田村信
名美 石井隆
赤い眩暈 石井隆
戦後の詩―<現代>はどう表現されたか 安西 均 (編集)
からくりサーカス 藤田和日郎

【最近観た映画の羅列(個人的メモ代わり)】
●眠狂四郎殺法帖(田中徳三)
想像していたよりクールな作品。監督が三隅研次ではないんだという驚き。中村玉緒がかわいい。
●水のないプール(若松孝二)
世間に対してムカムカしたからやった!正しくはないが、正しい!MIEは内田裕也を受け入れすぎだろ…。警戒感があれば、内田もあそこまでしないだろうにね。でも眠らせて裸にしてシーンを再現するあたりは、今の「時間を止めるAV」に通ずるものがあるフェチ性を感じる。時間を止めるの好きな人は是非。
●餌食(若松孝二)
世界に対してムカムカしたからやった。もうカッコよすぎ。内田裕也なのにレゲエってのは、当時ボブ・マリーが来日してた影響か。ラストの無差別銃乱射シーンは世界に対する耐えられない怒りや絶望を感じた。オープニングのマリファナ吸うシーンもかっこいい。DVD化して欲しい。
●マイケル・ムーア 華氏911(マイケル・ムーア)
今頃になって鑑賞。トランプ批判というより、考えない米国批判・考えない民衆批判。いかに考え批評し、苦しい正義に向かった歩くかという話に感じた。今更だけどまだトランプが大統領のうちに是非。
●人が人を愛することのどうしようもなさ(石井隆)
現実のアイドルに惚れたが最後、地獄まで一緒にいくしかない…・。喜多嶋舞の電流拷問は必見!SMマニアは見るべきじゃない。でないと一生後悔するよ。
●ワンダーウーマン(パティ・ジェンキンス)
颯爽と現れる出落ちヒーロー!戦いに挑む瞬間が一番かっこいい。「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」も登場だけで空気変えるしね(この時は、二人が馬鹿過ぎるというのもあるが…)。ジェンダーや女性地位の問題なんかも含めて新しいヒーロー像としては面白い試みだとは思うけど…。英国側についてドイツと闘ったけどさぁ、悪って正義って的な部分の解釈が厳しそう。軍神アレスが関わってるけどさぁ。まぁ神殺しの力も凄いけどね。このシリーズ、宇宙人、神の眷属に対して唯の金持ちがどやって対応していくんだろう…。
●アニー・ホール(ウディ・アレン)
自虐男好きには堪らない作品、男女の微妙なズレの中に嫌味な程の駄目さ加減が楽しい。都市的恋愛模様。
●雲切仁左衛門(五社英雄)
無駄におっぱいがいっぱい&無駄に残酷血どばぁ~。そんな中で仲代達也と松本幸四郎(9代目)のひりひりするサスペンス。そして、おっぱい。血どばー。さすが五社な作品。
●X電車でいこう(りんたろう)
バブル期後半のポップカルチャー&ホラーって組み合わせが面白い。最後の画が「帝都物語」のギガーっぽいな、って思ったが「帝都物語」の方が後だった。あと、全編がジャズで素敵。
●麦子さんと(吉田恵輔)
えぐってくるな~。自分の知らない親。親も一人の人間であること。子供の頃は親は完全な大人だと思っていたけど、自分が親の歳になると、あぁ親も大変だったんだな~って感じた時が大人になった時なのかもね。麻生祐未の役どころがフックになっていて非常に良かった。麻生祐未ファン必見。
●哭声/コクソン(ナ・ホンジン)
混乱させてくる。想像していた全てが正解であるようで、全てが回答に足りない。かなり観る人によって感想が違うのではないか?絆のようであり、嘘八百のようであり、幻覚のようであり。多面的なホラーは面白い。あと、韓国のキリスト教感を再度噛み締める。
●十階のモスキート(崔洋一)
内田裕也かっこいい。最後の郵便局強盗のカタルシスが堪らん。真面目に生きてりゃ狂うさぁ。自分の道を走るしかないんだよね。
●希望の国(園子温)
2011年のあのタイミングでこの映画を作るということが、園子温という映画人としての凄さ。見ない振りをするのでない、睨みつけるのだ。今だに終わっていない問題だかれこそ、観なくてはいけない映画。
●狼よさらば(マイケル・ウィナー)
復讐なんて関係ない!俺は気に入らないお前らを殺す!反省はするけど、まだやる気十分だぜぇ!って映画。やっぱ銃は魅力的なんだよね。バキューン!
●MW-ムウ-(岩本仁志)
手塚治虫漫画原作の映画にあたりなし…。神父のゲイ設定がなくされている。神への背徳から悪魔に加担していく部分の心情がなくなってしまうので、薄っぺらすぎるただの大掛かりなサスペンスで終わってる。ん~残念。
●カルト(白石晃士)
軽い気持ちで観たけど、面白かった!ありがちなフェイクドキュメント的なホラーから始まって、最後はサイキックウォーズ的になり、少年漫画的な「戦いはこれからだ!」的なエンディング。Netflixだから出会えた嬉しさ。21世紀の「妖怪ハンター」的でおススメ。
●悪霊島(篠田正浩)
なんかチグハグ。岩下志麻、鹿賀丈史、室田日出男、古尾谷雅人、岸本加世子と好みの役者さんなんだけど…。ジョンレノン暗殺とか、正直時代性とかいらないんじゃない。まぁ最後の事件として今と繋げたいんだろうけどさぁ。なんか残念な感じ。

<何気に稼げるアダルトアフィリエイト>
アダルト広告はAPEXアフィリエイトシステム

[ 2019/09/16 20:28 ] ヰタ-セクスアリス ポンコツ日記 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Redrum

Author:Redrum
広告・相互リンクに関しては
sm.ooes02@gmail.com
にお問い合わせ下さい。

おすすめ


リンク
おすすめ

アダルト動画 DUGA -デュガ-



ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
887位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
27位
サブジャンルランキングを見る>>
おすすめ


ランキング